ありがとうございました。

2日目の企画、終わりました。

お越しいただきました皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。

今回、バックのトップアーティストの質に対して安価なチケットで出演費もなく練習生の舞台への機会を作ってしまったこと

それが全ての発端で楽屋で何度も呼ばれ怒られる、最終的にギャラを大幅に上げこれ以上は出せない金額を提示しやるかやらないかの選択肢を渡しやる!と決め、これ以上この話については触れないと言ったのもエミリオなのに、当日の当日にまたこの話を出し、更にギャラをあげようとしてくる。

エミリオの新幹線のミスに対して費用を払い、許してあげてるし、謝ってきたから許してあげてこちらはそれ以上は掘り返していないのにと思うと悔しかった

こちらにミスがあったらそこを狙い何度もギャラアップを要請する人種、日本人の感覚は通らない、お金に関しては情も何もなく目の色が変わる

これがスペイン人なんだと先輩方に教えていただきました

日本の感覚なら企画者がいないとできないからある程度の事は自分の中に落とし込む、最終ハンコをうったらギャラ以上に上げる要求をしたりは絶対しない

こんな安価な価格で共演できるアーティストではなくて、この質の場合、出演料も別途要るし、それを払えるだけの価値をこの舞台に対して理解している敬意のある踊り手以外は出してはいけなかった事

きちんとリスペクトとし、出演料をいただき彼らが納得するギャラに上げなければいけなかったと

学びました、今になって石川慶子が楽屋から泣いて出てきた場面が何度もあった事がフラッシュバックしました

コンクールの時も慶ちゃんがいつも泣いてた

全てを背負わせてたんだと思うと無知な自分が嫌にもなる

2日目はきつかった、あんなに優しい笑顔の裏にある顔がとても怖くてショックで多分もうできない企画

大好きなエミリオからいただいた大切なお仕事でラファエルの歌声をより知り周知する事が役割とさえも感じ突っ走った自分の責任は大きい

どれだけの魔物かを理解し、リスペクトする気持ちが私になかったのだと反省します

ただ赤を出してまでするべき事だったのか考えると現実心が擦れ、こちらの企画の雑務、苦労、手配に関して敬意はなく企画者が全てを負う

何の為に…

多分企画者に重圧をかけるとやる人が少なるなっていく、これから受ける人が少なくならなければいいけど…

でも生徒の皆さんの中で何かが変わってくれるといいし、1つ進めて良かった

クラスの方向性も変えようと思うきっかけになりました

沢山の楽屋お見舞い、綺麗な真っ赤なコンクール生からのお花は受付を2日に渡り華やかにしてくださいました。

出演者のお心遣い、こんな素晴らしい方々が生徒さんで本当に嬉しい

いい事も沢山ありました、1日目は最後まで機嫌もよく楽しい打ち上げにもなり踊り手もアーティストも機嫌よく解散しました

ラファエルは本当に心ある人

この素晴らしいアーティストの生涯に自分との時間をいただけた事

いつも応援に来てくれる皆の温かさを更に感じた事、感謝致します。

やり切りました!

こうして学んできたのだと教えていただきました。

いっぱい悔しい思いをしてて、スペイン人の難しさに皆沢山泣いてきてる、でも本当に素晴らしいアルテを持つ彼らに敬意を示せるよう 始めの設定にミスがないかよく考え今後に活かします。

長くやってきている先輩方にもきちんと敬意を払えるよう考え直します。

芸術は厳しい世界ですが、沢山の事を教えていただきました。

進みます、ありがとございました!